オリックス銀行は口座開設不要

ATM手数料が無料

ATM手数料なんて、たったの100円~200円くらいなものだろうと思うかもしれませんが、借りるときだけでなく返済するときも手数料はかかるので、ちりも積もれば山となるで知らないうちに意外と負担になってきます。

オリックス銀行カードローンは、提携ATMの利用手数料は借入・返済ともに終日無料です。他のカードローンでもATM手数料無料とうたってる所は多いですが、オリックス銀行カードローンは特にその無料の範囲が広いのが特徴です。

提携ATMは、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、ローソンATM、イオン銀行、西日本シティ銀行、Enet で全国89,000台以上(2014年5月末現在)も手数料無料で使えるのです。

特に、コンビニもゆうちょ銀行も手数料無料で使えるのは便利だと思います。コンビニとゆうちょ銀行があれば全国ほぼどこでも使えるということですからね。

カードローン各社のATM手数料の比較

サービス ATM手数料
オリックス銀行カードローン 無料 ※三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、ローソンATM、イオン銀行、西日本シティ銀行、Enet で全国89,000台以上 (2014年5月末現在)
三井住友銀行カードローン 無料: @BANK、ローソンATM、セブン銀行、E-net、ゆうちょ銀行
有料: BANCS(みずほコーポレート銀行を除く都市銀行)
みずほ銀行カードローン 108円〜216円
三菱UFJ銀行カードローン 無料 ※三菱UFJ銀行ATM、セブン銀行、ローソンATM、E-net
楽天銀行スーパーローン 無料 ※三井住友銀行、セブン銀行、イオン銀行、ローソンATM、E-net
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 有料
新生銀行カードローン レイク レイク、新生銀行ATM、セブン銀行、ローソンATM、E-net
イオン銀行カードローンBIG 無料: イオン銀行ATM 有料: ゆうちょ銀行、三菱UFJ、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、E-net
セブン銀行カードローン 無料: セブン銀行ATM (セブン銀行以外の提携ATMなし)
プロミス 無料: プロミスATM、三井住友銀行、@BANK
有料: セブン銀行、ローソンATM、E-net(108円〜216円)
モビット 無料なし 有料: 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、セブン銀行、イオン銀行、セゾンカード、第三銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行、ローソンATM、E-net(108円〜216円)
ノーローン 無料: レイクATM
有料: 新生銀行ATM、セブン銀行、イオン銀行、E-net、ローソンATM(108円〜216円)

消費者金融系は提携ATMの種類が少なくコンビニも手数料がかかるサービスが多いようです。提携ATMについては銀行系が有利ですね。

オリックス銀行カードローンの詳細



関連記事

    審査時間と融資までの時間

    オリックス銀行カードローンの審査時間は、「最短即日」です。しかし、ウェブのFAQを見ると目安として2~3日、土日祝日が間に入る場合は、5日間程度と書いてあります。 また、最短即日で審査が通っても、その日のうちにお金を借りることはできません。ローンカードが自宅に郵送されてはじめてATMや振... 記事を読む

    融資限度額は最高800万円

    オリックス銀行カードローンの融資限度額は最高800万円。みずほ銀行やジャパンネット銀行など最高1,000万円のサービスも出てきましたが、一般的にみて最高800万円の融資限度額は十分ではないでしょうか? ただ、限度額は審査によって決まりますが、最初から最高額が設定されることはありません。は... 記事を読む

    業界最低クラスの低金利

    金利については、3.0% ~ 17.8% で最低金利は3.0%と他行と比べて最低クラスです。ただ、最高金利の17.8%は銀行カードローンの中では高い方で消費者金融並みです。 また、融資枠が低いと金利は高くなるので、はじめは最高の17.8%が設定されると思って間違いないでしょう。 た... 記事を読む

    融資金額は最低1,000円から

    オリックス銀行カードローンのあまり知られていない特徴として、最低1,000円から借りれるという点です。他の銀行や消費者金融などでは一般的には10,000円単位での融資が普通です。なぜこれが特徴なのかというと、借り過ぎ防止になるからです。 お金が足りないときって必ずしも1万円も必要じゃない... 記事を読む

このページの先頭へ