借入額によって提出書類が違うキャッシング

キャッシングには収入証明書が必要な時があります。収入証明書は源泉徴収表や給与明細書などの1番新しいものを提出しなくてはならないのです。源泉徴収表などは手元にある財布に常時入れているものでもないですし、発行となると数日掛かってしまう事もあるものです。特に給与の場合には貰っている形式によっても出す書類の数が変わってくる事もあるので注意が必要となります。

しかし収入証明書はキャッシングによって基準が違っています。30万円で必要な時もあれば、100万円以上でも必要ないキャッシングもあります。その部分でも初めてキャッシング利用者には知っておいて損はないと思います。

また、この収入証明書が必要な状況は借りる額だけではなく、現在進行形で何処かで借りている場合も適用される事もあります。30万円以上が収入証明書が必要で借入金額が30万円満たない時でも、今回借りる金額と現在借りている金額の総計が30万円以上であれば必要なキャッシングもあります。その為に収入証明書がなく、迅速に借入を行いたい時には出来るだけ高い所に設定されている所を選ぶと良いでしょう。

キャッシングでは収入証明書の有無によって借りる場所を変更させる事で、早く借入を行う事が出来るようになります。

このページの先頭へ